• keystone

薬用冷蔵庫は、家電の冷蔵庫と違う?

大阪で開催されていたJASIS関西という理化学展示会に行ってきました。


先日のインタビューでお世話になったPHCさまのブースで新製品を発見。





パナソニック時代(三洋時代?)から続く、上段冷蔵庫、下段冷凍庫の

試薬保管用「薬用保冷庫」の新型で、今回初お披露目!



新型約用保冷庫庫 MPR-N450FH


一番の違いは、従来冷凍庫は右下だけでしたが、

今回から下段は左右とも冷凍庫になりました。

そして待望のノンフロン対応!



下段は両方とも冷凍庫で中でつながっている


その他、庫内照明がLEDになったとか、小さな変更は色々あるようです。



いまさらですが、薬用保冷庫と家庭用冷蔵庫は何が違うのか?

を聞いてみました。


温度制御

 家庭用は○℃という設定は出来ないが、保冷庫は4℃から指定できる。

 そのために、冷凍機(冷却機)だけでなくヒーターを搭載し、

 ヒーターを細かく動かす事で、温度を厳密に一定に保っている。


鍵が付けられる

 毒物や麻薬などに指定されている物を保管するケースもあるため、

 扉に鍵がかかるのはもちろん、中に金庫を設置する事も可能


アラーム付

 温度が設定値から外れると警報が鳴る。

 家庭用は、ドアを開けっ放しにした時の警報程度しかない。


ガラス窓が付いている

 在庫の確認がしやすいよう、窓が付いています。  不要な場合、ガラス窓なしタイプもありますが。


などが特徴で、根本となる長期安定稼働のため設計も厳密との事。



今回の新型。

使い勝手の面では、上部の液晶が、イマドキのオシャレ液晶になり、

様々な情報を表示可能。

意外と便利だと思われるのは、冷蔵/冷凍のそれぞれの温度を同時表示する機能。


液晶の右にはUSBポートがあり、温度変化のログを外部出力できます。

これも家庭用にはない機能です。



今回、製品お披露目はありましたが、出荷はまだ少し先になるとのこと。

それまではカタログで検討しましょう

カタログ請求は下記からどうぞ!


#薬用保冷庫 #試薬保管 #冷蔵庫 #冷凍庫 #パナソニックヘルスケア #PHCbi #JASIS

​お問い合わせ

© 2018 KEYSTONE, co. ltd.

Be a SociaLight and  Follow Us:

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon