• keystone

日常用に「耐薬ピペット」

最終更新: 2018年12月10日

酸などを扱っていると、

ピペットの中がダメージを受けて(錆びて)動きが悪くなります。

そのため、酸や有機系を扱う場合は『耐薬品マイクロピペット』が推奨されています。



耐薬品ピペットの代表「Nichipet EX PlusⅡ」


・中のバネが、溶剤体制のある特殊金属性

・プランジャ(中の軸)が、セラミックス製

・o-ring(ゴム)が、パーフロロゴム(溶媒による体積変化が小さいらしい)


という部品構成にすることで、、耐有機溶媒・耐酸性がある。

UV耐性&本体をオートクレーブ可ということで、生物系の実験にも安心。





触った感じは、特別ストロークが重いとか軽いとかなく、

一般的なピペットと大差ない印象。

これなら日常使いできる。



実験していると様々な液体を扱うので、

どの薬品がピペット内部に悪影響を与えるのか?なんて良く分からん。

(キット系を使っていると、試薬に何が含まれているのか細かく調べないし)


知らないうちに有機溶媒などを使っていて、 ピペット内部がダメージを受けているかも、、?

日常から、こういうピペットを使っておくのは安心です。


デモで貸し出しできますので、下記フォームよりご依頼ください。

KEYSTNONEで取材させていただいた「校正センター」での

校正・調整にも対応しているので安心!


校正センター訪問の記事はコチラ



https://keystone-lab.com/feature/0013/0013.html


#マイクロピペット #耐薬品性 #ニチリョー #オートクレーブ可 #耐酸性 #有機溶媒 #デモ可能

​お問い合わせ

© 2018 KEYSTONE, co. ltd.

Be a SociaLight and  Follow Us:

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon