• keystone

新時代の心電計



健康診断の時、タコの様な吸盤と大きなクリップを付けて、心電図をとります。 あの時に使う、心電計。数百万する医療機器です。








心臓の動きを波形で表示し、異常が無いかチェックする装置。 そんな心電計も、デジタル化に伴い様々な技術進歩がある様で、

筋電によるノイズ除去機能なんていうのは、まさにデジタル化による進化です。

最新型のコチラの機器(というかキット) 4つのクリップ(四肢電極というらしい)と6個の吸盤(胸部電極)とコード類がセットになっています。


このコードが一つずつから出ているのではなく、連結しており、 コードの先にBluetooth機器を接続する事で、その先は無線接続! これなら、ベッドサイドがゴチャゴチャしません


Blurtoothの先は手持ちのPCでOK!


Bluetoothではなく、PCとUSB接続するモデルもあります。 そして、USB接続タイプなら全部セット(PC除く)で、

20万円以下!という心電計では破格!(無線モデルでも30万円切り) 無線モデルでは、Android対応ソフトも別売りで用意されているので タブレットで心電が測定できます。 これなら血圧計の様に簡単に扱えるので、 医学部、薬学部などの医系の研究はもちろん、 スポーツ系のデータ取り等にも使えるかも。。 デモや詳細希望は以下からお問合わせください!





​お問い合わせ

© 2018 KEYSTONE, co. ltd.

Be a SociaLight and  Follow Us:

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon