• keystone

光触媒でラボを快適に!

光触媒って聞いたことあっても、あまり身近感がないのでは?

実験/研究の世界でも有意義な使い道があるのでご紹介。


そもそも光触媒とは何なのか?



原料は、入手のしやすさと価格から、ほとんどの場合で「酸化チタン(TiO2)」が使われます。


「酸化チタン」に紫外線を照射すると、表面で電気的な反応が起きて

空気中の水分を分解してヒドロキシラジカル(・OH)が生じます。

いわゆる「活性酸素」ってヤツで、非常に酸化力が強い。



これを、実験室内で悪臭の原因となる有機化合物の分解などに使おう!


酸化チタンをスポンジ状(と言っても固いです)にしてフィルターを作り、

そのフィルターを通す様にファンで風を送り込む。

フィルターに対してUVを照射すれば、酸化チタンフィルターの表面で

様々な物質が分解されるという仕組み!




この装置を手元に置く事で、

たとえば、組織切片を作る様なシーンでの

ホルムアルデヒドやキシレンの臭い対策になります。



光触媒フィルターを大型のモジュール化して、

屋上に設置する事で、ドラフトや換気扇の出口で、

大気開放する前処理をして近隣への臭害対策など、、




臭いのする薬品を扱う時に使うダクトレスタイプのフード。

上部に設置された活性炭フィルターで吸着するのが一般的ですが

この活性炭の寿命が予想以上に短い!

もちろん使う薬品の内容や量、頻度に依存するのですが、

フィルター交換がかなり負担になる(金銭的にも)と聞きます。



そこで、手元に光触媒装置を置く事で、

大半を分解した後で、活性炭に吸い込まれるようにすれば、

活性炭フィルターを長寿命化させることができる!



光触媒フィルターのいいところは、

酸化チタン+UVで分解力が生じるため、半永久的に使える事。

汚れが付着すると反応が悪くなりますが、その際は水洗いで復活!


最近ではUV照射できるLEDも登場しており、

よりコンパクトに装置を設計できそうです。




様々な形でラボ内で利用できる光触媒フィルター。

臭いが気になるシーンや、脱臭のために活性炭に費用をつぎ込んでいるラボは

一度デモで使ってみてはいかがでしょう?


デモのご依頼は、以下からどうぞ!


#脱臭 #悪臭防止法 #特定化学物質 #有機溶剤 #労安法 #VOC

​お問い合わせ

© 2018 KEYSTONE, co. ltd.

Be a SociaLight and  Follow Us:

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon