• keystone

ライフサイエンス(画像)+AI

何かと話題のAI(人工知能)


ライフサイエンス業界にも続々入ってきています。



今回見つけたのは、AIを用いた画像解析ソフトウエア。


蛍光物質や、抗体、それらを検出する機器(顕微鏡など)の進化に伴い、

膨大な情報量を持つ画像データの取得が可能になってきました。



ところが、情報が膨大になったことで、

画像を観察し、特徴ある部分を探し出すという

“一番大事なところ”に手が回らなくなる事態が発生。。


そこを、ライフサイエンス以上の速度で進化しているAIを使って

一気に解析(のサポート)をさせてしまおう!というソフトです。


↓この画像から、特徴ある細胞を、、、となると「ウォーリーを探せ」状態ですが 右の画像の様に、AIによって、事前に4色にグループ分けしてくれれば、 赤く印された細胞だけ確認し、本当に他と異なっているか?を観察すれば良い。 圧倒的な作業効率化!もちろん、全体に占める赤印細胞の比率なども自動算出されます。


蛍光測定画像で一定以上/以下の輝度を持つ物を抽出させたり

染色画像で、特徴ある部分をハイライト(目立つように)したり

特定部位を計測・数値化したり、、、



様々なモジュールが準備されており、

学習させることで、全部の画像に指示を出さなくても

自動的に計測をおこなうようになるみたいです。



テスト的に使う(デモ利用)もできる様なので、

蛍光観察や、DNA/RNAのISH(定量)、分布観察や、厚み/長さなどの計測、、

これらの作業を多くやられている方は、一度試してみると

実験の効率が大幅に向上するのではないでしょうか?

日本語資料もできた様なので、下記よりご依頼ください!

#insituハイブリダイゼーション #ハイブリ #細胞膜 #FISH #腫瘍 #代謝

​お問い合わせ

© 2018 KEYSTONE, co. ltd.

Be a SociaLight and  Follow Us:

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon